イタリアを旅行したときの日記、準備品、役立ったことの忘備録。

最新記事


芸術遺産イタリア忘美録

コメントはどうぞお気軽に♪

相互リンク希望等ご用の方は まず「相互リンクについて」を読んでからこちらにメールを♪
  • Che la mozzarella apparsa � molto deliziosa.Come per la pizza giapponese, una pizza di domino � numero uno.Io ho un buono di pizza di domino.


このブログの要約

芸術遺産 1/27

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会 最後の晩餐

早朝、教会の門が開きました。その開館時間と同時に教会を訪れました。
実物のセッコ画の表面はすすれていました。そのすすれ具合もふくめ、作品は凛とした品格を漂わせていました。

ban3

見学は予約制のため、館内には人が僕と別の鑑賞者の計2人。
最初予約制にわざわざしなくても、ここまでガラガラならオープンにしてもよいのでは?と頭をよぎりましたが、作品保護のために予約制をとっているのかなと思いました。
館内は湿度や温度の管理が徹底されているため、一日ごとに入ることの出来る人数が制限されているのです。

見学時間は火〜日の昼過ぎまで。




間近から観て、遠くまでバックして最後の晩餐を眺め、もう一度頭を振りながら作品を間近から観賞する・・・そんな繰り返しでした。思う存分名作を堪能することができました。気付けば館内は僕一人だけで最後の晩餐をひとりじめにしたかのような気分を味わいました。反逆者ユダの配置がまた絶妙で、キリストの眼差しが思惑的。
まったく見飽きない作品です。あっという間に予約の15分は経過。
永遠に続くかのようでした。

教会を離れ、ICに乗り込み、僕は早々にイタリアから出国しました。



 ところで。
最後の晩餐のあの壁画のストーリーを知ってますか?
あの横長のテーブルに座っている室内空間はまつりのお祝いの場面です。
そこでキリストがパンとワインを弟子たちに与えています。曰く、「取って食べよ、これがわが体である」。
杯を翳し、曰く、「みな、この杯から飲め」と。
祝いの場にシリアスな空気が流れます。
「これは多くの人のために流す契約の血である」
「汝等のうちのひとりが私を裏切るだろう」
主の突然のカミングアウト。ユダの裏切りを予言するシーンなのです。

壁画では、主の予言に戸惑い、驚き、主を凝視する弟子たちの反応を巧みに描いています。死ぬ前に一回は観ておきたい作品。



| ミラノ忘美録 | comments(0) |
芸術遺産 1/25

フィレンツェ 街の印象

今日はすごく吹雪いていました。

サンタ・クローチェ教会

外を歩き回るだけでも手がかじかみます。

フィレンツェ 雪

みんなコートのフードやスカーフを被ったりして早足に街を駆けていきます。
冬のヨーロッパは寒いです。雪降るイタリアの街は特に、寒かったです。
僕はミラノ行きの列車に乗り込む前にサンタクローチェ教会に寄り道しました。



大雪のためか、列車の時刻表は乱れていて、予定のミラノ行きの列車に乗り損ないました。急遽ES(特急列車)を使い、環境とファッションの街ミラノへ。



着いてからまず、レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作、「最後の晩餐」の観賞のため、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。ところが入場は予約制で入場ができませんでした。すでにキャンセル待ちしても入場できる時間ではなく、もっと下調べしておけば・・・!、と悔やみました。

ポルディ・ペッツォーリ美術館 ミラノ

予定には入れていませんでしたが、ポルディ・ペッツォーリ美術館へ行きました。伯爵の美術コレクションが充実していました。ここでボッティツェリの作品と再開できるなんて思ってもいませんでした!ブレラ美術館のリベラの絵画作品もよかったです。マンテーニャの「死せるキリスト」は新鮮なアングルで描かれていました。




路面電車 エコ ミラノ

ミラノには広島長崎のように市内を走る路面電車があります。町の景観にも溶け込んでいて、しかも環境にも優しい動力源ですから、やっぱりミラノは先進的な街だと思います。



明日は月曜日なので、最後の晩餐の見学は無理です。休館です。明後日早朝、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ突撃するしかないようです・・・。明日是が非でも電話で見学の予約を取る必要があります。

せっかくイタリアへ来て、ダ・ヴィンチの最後の晩餐が観賞できないなんて、到底受け入れられないことです。明日、何とかしなくては。




| ミラノ忘美録 | comments(0) |
| 1/1PAGES |