イタリアを旅行したときの日記、準備品、役立ったことの忘備録。

芸術遺産 1/20

サン・ピエトロ寺院"

天使

今日もとりあえず中央警察へ行きましたが、途中で「許可証はいらないわい」と決断しました。あいかわらずの戦時下のビザの発給所のような混雑にげんなりしたというのが正直なところです。
これからの芸術遺産を見る時間がなくなってしまうのも何だかイヤでした。それに、わずか9日間の滞在で許可証が必要なら、僕と同じような旅行者が中央警察にごった返していておかしくないのに、待機所にいる中でツーリスティックな格好の人間はほとんど見当たりませんでした。



もういいや!と思うと気持ちがスッキリし、地下鉄でヴァチカン市国へと向かいました。市国へ入国しました。しっかりボディチェックがあります。そのままヴァチカン美術館へと歩みを進めました。

日本語対応のオーデョオガイドをレンタルし、使い方はこれであってるかなと調整してると

ミイラ

入り口付近でいきなりエジプト的ミイラと遭遇。

ちょっとビックリしましたし、また意外でした。エトルリアの土器、ローマ彫刻を十分に堪能しました。

アポロ

所蔵品のひとつひとつのクオリティがやたら高く、やっぱりここはカソリックの総本山なのだな、としみじみ実感しました。

下のはラファエロ作「アテネの学童」。ラファエロ

天井画

天井画

美大受験の際に木炭デッサンの訓練に用いたオリジナルの石膏像はヴァチカンにありました。

トルソ

石膏像

アポロ

日本にあるレプリカとでは 全く印象が違います。魂の有無、というか、同じフォルム(形態)なのにここまで印象ちがうかね・・・、と驚きました。

イタリア 教会

楽しみにしていたミケランジェロの「最後の審判」。
写真に撮影することもせずずっと作品を観ていました。
天空の神々らが地上に降臨してくるダイナミズムはあまりに圧倒的で、威厳に満ちていました。
渾身の巨匠の力作。

ヴァチカン"

ヴァチカン美術館の広場には地球をかたどった鉄製のオブジェがありました。

ジュゼッペ・モモ

出るときは、ジュゼッペ・モモの設計した二重螺旋階段を通り、サン・ピエトロ寺院へと向かいました。

城壁沿いに歩くとすぐに寺院が見えてきました。

とっても広い!

ピエタ

建物の中に入り、向かってすぐ右側にミケランジェロ作のピエタ像が鎮座していました。
暗がりのなかで慈愛に満ちた眼差しを彼に向けていました。神殿中央まで歩みを進めると敬虔なカソリック信者の方々が神へお祈りを捧げていました。

サン・ピエトロ寺院"

サン・ピエトロ寺院"

サン・ピエトロ寺院"



ヴァチカン市国はごくごく小さな国なのに、その中は実に濃密な空間でした。
所蔵品は、ダ・ヴィンチ、ジョット、ミケランジェロ、フラ・アンジェリコ、ラファエロなど名だたる巨匠の代表作ばかリ。一宗教が築き上げた豊穣な芸術遺産を目の当たりにし、ただただ、驚いたばかりです。

サン・ピエトロ寺院前"

圧倒的な宗教芸術に少々目眩を感じながらヴァチカンを出国(特に何のチェックもありません、念のため)。

もう一度、先日出かけたカピトリーノ美術館前のミケランジェロの設計した広場の空間、とフォロ・ロマーノの美しき遺跡群を見学。

改めて、フォロ・ロマーナを眺めますと、凱旋門や神殿、教会が建ち並んでいます。まるで古代ローマにタイムスリップしたような錯覚を覚えました。



| ローマ忘美録 | comments(0) |

私はイタリアへ行くならだんぜん個人旅行がいいと思います。ここでは、ツアー旅行と個人旅行どちらの方がメリットがあるか考えました。



※お金・・・ツアーの勝ち
ツアーには、いろいろなお金が含まれている。
団体での行動だから、一人当たりの料金が割安になる。
ツアーの費用さえ払えば、余分な出費を抑えることが出来る。
個人旅行だと細かいお金がかかります。
交通費、ポーター代、雑費など。単独行動だとおつりを意地悪な人にごまかされてむ気付きづらい。

※自由な時間・・・個人の勝ち
ツアーには予定の時間が細かく決まっている。
団体行動なのでマナーを守り、和を大切にする。遅刻厳禁。
個人旅行だと自分でスケジュールが決められる。
思いつきで行き先を変えたり、予定していなかった都市へ行くことも可能。

※交通・・・ツアーの勝ち
ツアーは集合時間さえ守ればOK。ほとんど現地での移動はバス主体なので移動が楽。
個人だと自分で責任持って移動しないとだめ。
切符を買ったり、ルーズなイタリアの列車を待ったり、出発のプラットフォームが突然変更になったりと、個人での移動は休まる暇がありません 笑

※言葉・・・ツアーの勝ち
ツアーは旅行代理店がびっしり予定を入れているため旅行中にイタリア語をマスターする時間はありません。挨拶程度の単語程度。
個人だと、最低限簡単な英語が話せないとマズいのでは。田舎に行くほど英語が通用しないので、会話本必須。個人だと自分しか頼れないので、イタリア語への理解のペースは当然早い。

※宿泊予約・・・ツアーの勝ち
ツアーならちゃんと予約がとれているのかどうか不安がる必要なし。
個人だと自分の好きな都市で好きなだけ泊まれる。半面、確実に泊まれるのかどうか受付に行くまでわからない。

※自由なコース選び・・・個人の勝ち
ツアーは食事と観光が込みになっています。
自由に観光したいときはフリータイムつきのツアーを選ぶといいのでは。
個人ならすべて自由に旅のコースが決まられます。
その分単独行動のため、入場料、交通費、食費などツアーより大目の旅の資金が必要。

※荷物・・・ツアーの勝ち
ツアーなら買い物した後スーツケースに荷物をぎっしりつめ込んでもポーターの人が運んでくれるから楽。個人だと全部すべて自分で持たないといけません。ぼんやりしていたら盗難に遭う危険があります。旅行前に体を鍛えておくといいです。

※旅のプランを選べる数・・・個人の勝ち
イタリアのツアーはたくさんあります。
忙しい社会人、学生の人にツアーはぴったり。「イタリア8日間の旅」とか旅行代理店のパンフでよく目にします。手軽なのがいい。
個人旅行の旅の組み合わせの数は、無限。
自分の行きたいところに行くことができます。
普通のツアーでは行かないようなところにも個人旅行なら障害なく行ける。

- 総評 -

※お金・・・ツアーの勝ち
※自由な時間・・・個人の勝ち
※交通・・・ツアーの勝ち
※言葉・・・ツアーの勝ち
※宿泊予約・・・ツアーの勝ち
※自由なコース選び・・・個人の勝ち
※荷物・・・ツアーの勝ち
※旅のプランを選べる数・・・個人の勝ち

ツアー、勝ち数5。
個人旅行、勝ち数3。

最後に、思い出深さの度合いで考える。

個人旅行でしか味わえないイタリア人や外国の旅人たちとの交流。
人との出会いが楽しいのはやっぱり、個人旅行。

旅は無形であり、その最大の価値はプロセスにある。
そのため、「旅の思い出」には急遽3ポイントを付ける(よくあるクイズ番組の最後の出題のように)。

結果、ツアー、勝ち数5。
個人旅行、勝ち数6。

総評。海外旅行はツアーより、個人の方がおもろい。

| イタリアツアー | comments(2) |

イタリアでの失敗。



わたしの友だちは、イタリアの
銀行内の両替所で、おつりを、行員に、ぼられました
汗



彼女かなり勝ち気だから行員にひるまずに引かずに取り戻したらしいけど、
私にはそんな張り合う度胸はなかった モゴモゴ


彼女の被害に比べれば、
わたしの失敗なんて、とるに足らないものです 。


きっぷの使い方の勘違いで
罰金約5000円(€34)

検察官に支払った程度です。



恥ずかしい失敗ばかりで、よく酷い目に遭わずに旅行できたなと
思いますが
今じゃみんな、いい思い出になっています ニコニコ



安全な旅行にするために




旅行前まではわたしはカードと無縁の生活でした。
カードを毛嫌いする母親に「人生にカードは不要だ」と忠告されていました ムニョムニョ

でも現金だけで海外旅行するのはなんか、なんか、不安でした。
スリにあったらどうすればいいのだろう?、と。



「カードほしいなー」と
母を説得するのは超たいへんでした。ポロリ


旅行の前、イタリア留学したことのある大学の教授に

「むこうじゃクレジットカードはどうしても必要。危険なところじゃスリに狙われるから、最初は帽子を深く被ってるといい。」

と聞きました。
イタリアに行く日本人ってみんな帽子深く被ってるものかね??と疑問でしたが(そんな人、ほとんどいなかったよ・・!)貴重品入れは使ってみて超役立ちました。


母を本気で説得し、「海外で暮らした経験のある先生がそう言うんなら・・・」と、
母も私がクレジットカードを持つことをようやく認めてくれました。

ネットから申し込んで、カードを4枚つくりました。
そのなかで特に、三井住友VISAカードが役立ちました。

ただ、気がかりな点がひとつだけありました。
クオリティが高いカードだけあって・・・、
三井住友VISAカードの唯一の欠点は、初年度は無料ですが
2年目以降、年会費が有料になってしまうことだと思います。



でも年会費を永年無料にできるちょっとしたコツがあります。
カード支払いの方法を「マイ・ペイすリボ」を選択すると、年会費永年無料にできます。

そう、意外と知られてない方法ですが
三井住友VISAカードの年会費をずっと無料にすることも可能です!

この記事の最後のほうでも紹介しますが、三井住友VISAカードはイタリア旅行だけでなく、国内でもどこでも、オールマイティに役立つカードです。特に安全面、信頼性ではトップレベルです。
続きを読む >>
| ┗トラブル回避術 | comments(2) |
芸術遺産 1/22

アッシジの街

ペルージャ行きの列車に乗り、アッシジで降車。駅からかわいいミニバスに乗り込みます。バスの中にはシスターがたくさん。高齢者の方が多いように感じます。

アッシジ 眺望

スバッシオ山の中腹に広がるアッシジは自然の豊かな街でした。

アッシジ 自然

静けさと、どこか懐かしさが伴う不思議な街。

アッシジ

アッシジ 景色

着いた日は雪が降っていたのに、なぜかあったかい印象を受けました。

アッシジ 住居

うねるような坂道と石畳。とても素朴な街です。清楚に佇む黒衣の僧をよく目にします。

サンタキアーラ教会

降車してすぐサンタキアーラ教会を尋ねました。シスターが優しく親切に私にキリスト生誕について語り聞かせてくれました(英語で!)。教会内には敬虔なプロテスタント信者の方々が神にお祈りしていました。



アッシジ 坂道

アッシジ 観光

アッシジ 散歩

アッシジ ハト



サンフランチェスコ聖堂

その後、サンフランチェスコ聖堂を訪ねました。

サンフランチェスコ聖堂はやはりジョットのフレスコ画が素晴らしいです。
聖フランチェスコのエピソードを描いています。

jyottol

神々しくも素朴な作品群に涙腺は緩み、何度も何度も壁画の前で泣いてしまいました(典型的な無信教なのに…)。
ここでも、地下では信者の方々が静かに神にお祈りを捧げていました。

サンフランチェスコ聖堂


サンフランチェスコ教会の広場以外に平らな道はなく、細くくねくねした道を散策するのもなかなか楽しいです。

アッシジ 地震の爪痕

今もイタリア地震の痕跡が残っています。

アッシジはツーリスティックでもないですし、娯楽施設も皆無の静寂に包まれた素朴な街です。
この景観は永遠に失われるべきではない。そう思います。

アッシジの眺め

なんだか名残惜しく帰りは歩いてアッシジの街並を堪能しました。

アッシジ駅へ徒歩

今度訪れるときには日帰りではなく、泊まりでもっとゆっくりと「祈りの街」をさるきたいと思いました。



それにしても、ジョットの壁画は美しかった。
宗教と全く無縁の僕がここまで神について考えさせられるとは、アッシジに来るまで思ってもいませんでした。
旅は自己発見の連続なのだと痛感します。

トスカーナの田舎を眺めていると、老後ここに住めたら良いな、なんて妄想が沸々と沸き上がりました。



アッシジ オリーブ園

観光

その後、駅に戻り、列車でペルージャに到着。

ペルージャ駅"

国立ウンブリア美術館の所蔵するピエロ・デッラ・フランチェスカを観賞するためです。フランチェスカの絵画は素晴らしく、衣服の肌に透けた表現は絶妙でした。

ペルージャは城塞都市なので比較的夜間も気楽にさるくことができます。
多くのイタリアの都市がそうですが、中世以前の佇まいが今も残る街です。

11月4日広場

アッシジ同様、この街でも聖職者の往来を頻繁に目の当たりにします。
絵になる扉やオブジェもちらほら。

オブジェ

下の写真はこの日の宿。
ユースホステル



| アッシジ忘美録 | comments(0) |
芸術遺産 1/27

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会 最後の晩餐

早朝、教会の門が開きました。その開館時間と同時に教会を訪れました。
実物のセッコ画の表面はすすれていました。そのすすれ具合もふくめ、作品は凛とした品格を漂わせていました。

ban3

見学は予約制のため、館内には人が僕と別の鑑賞者の計2人。
最初予約制にわざわざしなくても、ここまでガラガラならオープンにしてもよいのでは?と頭をよぎりましたが、作品保護のために予約制をとっているのかなと思いました。
館内は湿度や温度の管理が徹底されているため、一日ごとに入ることの出来る人数が制限されているのです。

見学時間は火〜日の昼過ぎまで。




間近から観て、遠くまでバックして最後の晩餐を眺め、もう一度頭を振りながら作品を間近から観賞する・・・そんな繰り返しでした。思う存分名作を堪能することができました。気付けば館内は僕一人だけで最後の晩餐をひとりじめにしたかのような気分を味わいました。反逆者ユダの配置がまた絶妙で、キリストの眼差しが思惑的。
まったく見飽きない作品です。あっという間に予約の15分は経過。
永遠に続くかのようでした。

教会を離れ、ICに乗り込み、僕は早々にイタリアから出国しました。



 ところで。
最後の晩餐のあの壁画のストーリーを知ってますか?
あの横長のテーブルに座っている室内空間はまつりのお祝いの場面です。
そこでキリストがパンとワインを弟子たちに与えています。曰く、「取って食べよ、これがわが体である」。
杯を翳し、曰く、「みな、この杯から飲め」と。
祝いの場にシリアスな空気が流れます。
「これは多くの人のために流す契約の血である」
「汝等のうちのひとりが私を裏切るだろう」
主の突然のカミングアウト。ユダの裏切りを予言するシーンなのです。

壁画では、主の予言に戸惑い、驚き、主を凝視する弟子たちの反応を巧みに描いています。死ぬ前に一回は観ておきたい作品。



| ミラノ忘美録 | comments(0) |
プロローグ 1/18

テルミニ駅"

今年最初の雪となりました。祈りが通じてか、飛行機は無事運行。途中、韓国インチョン空港を経由。
隣の座席に座っていた韓国のビジネスパーソンと親しくなりました。僕は韓国語が話せず、彼は日本語を話せないため、英語での歓談となりました。イタリアに一ヶ月以上も出張するから韓国に残す家族のことが心配なんだ、ということでした。約12時間後、レオナルド・ダ・ヴィンチ空港の入国ゲートで彼と別れました。



列車に乗り込み、予約していた宿泊所への道を急ぎました。夜も更け、土地勘がつかめず、すっかり僕は迷子になりました。カメラ屋のシニョーレに道を尋ねたら、笑顔で身振り手振りを織り交ぜながら駅までの道を教えてくれました。それでも、また住宅街周辺の道で迷いました。
そこに美しいイタリア女性が横切ったので、日本では考えられない勇気で"Predo , I was lost.Will you tell me the way to the nearest statione?"とちぐはぐなイタリア語のまざった英語で質問。彼女は流暢な英語で道を教えてくれました。想像以上に、ローマでは英語が通じるようだと実感しました。



地下鉄

すっかり夜も更け、ローマの宿泊所に到着しました。長旅の疲れで足は痺れ、クタクタでした。受けつけで、ユース会員証とカードの提示、自筆のサインを記入し、予約済みのパンチャーを渡しました。



部屋には韓国の青年たちが休んでいました。

ローマ ドミトリー ユースホステル

挨拶もそこそこにバッグや貴重品に鍵をかけないまま、すぐに眠りました。





| ローマ忘美録 | comments(0) |
芸術遺産 1/26

観光 ミラノ

月曜日は、日本の多くの美術館同様、イタリアのミュージアムも休館です。
市街地に到着し、公衆電話を使うことの出来る場所を探しました。何度かけてみても不通でした。月曜日で休館のため、まだ人がいないのか?不安が募りました。あるいは僕と同じように、最後の晩餐の見学予約の電話をしている人がいるのかもしれない。テレカの残数が気になり出した頃、受付の人が出てきました。実にゆっくりと丁寧な英語で予約番号を教えてくれました。



観光ツアー ミラノ

Merci beaucoup!

明日、念願の最後の晩餐が観賞できるのだと心弾ませながらドゥオーモへ行きました。

ガッレリア ミラノ

バロック ミラノ ドゥオーモ

教会内のステンドグラスがキラキラしていました。

ステンドグラス ミラノ

ドゥオーモ ミラノ

ドゥオーモ ミラノ

実物のバロック建築ってイカつい感じでかっこよいな〜、と思いました。この日も雪が降っていたので、教会屋上の床はツルツルツルツル滑ってかなり身に危険を感じました。転落するのではと何度も焦りました。

ドゥオーモ ミラノ

でも、子供のようにワクワクするところでした。
晴れた日にここで寝っころがって昼寝をすると、気持ちがいいだろうなぁ。
ミラノのドゥオーモにすっかり魅了され午後何しようかと考えていたら、突然ベネチアに行きたくなりました。旅の予定には入れていなかった街ですが、今行っておかないと後悔しそうだと切実に感じたんです。

集会 ミラノ

駅まで何やら怪しい集会がありましたが、おかまいなし。

大急ぎで列車に乗り込み、ベネチアへ向かいました。



鉄道 ミラノ

テレビや雑誌で見ていたとおり、駅前からすでに水、水、水。車道のかわりに川が流れている実にユニークな街です。徒歩で中心地を目指しますが、途中で挫折しました。




PER RIALTO
←−−−−−→

ベネチアに行く場合、上の表記を胸に刻んで下さい。
迷路のような道の分岐点によく出ています。目線のちょっと上くらいです。
「PER RIALTO」、つまりリアルトへという表記。
本当に迷路のようでよく現地の人たちは迷わないな〜、と思いましたが、
自分のカンをたよりに歩いていくとだんだん街の全体がつかんでくるかもしれません。
途中、当然現地の人たちはふだん船で移動してるはず・・・、と思い直しました。



ヴァポットという定期船をつかって(反則?)、街の中心部へ向かいました。
川面に映し出される街の灯は、波のリズムにあわせて揺らいでいました。
ところどころは実際、水たまりが多く点在していました。
水に浮かぶベネチアの街は幻想的です。こんな街、世界中探してもないだろうと思います。
街そのものがアート。今度アートの祭典ベネチアビエンナーレが開催されたらな是非再訪したいと思います。
けっこう、ハードな思いをしたはずなのに、宝箱のように燦然と輝くベネチアの夜景しか思い出せない。ベネチアの魅力は一度体験すると病み付きです。

終電間際までベネチアの街を眺め、ミラノへ戻りました。




| ベネチア忘美録 | comments(0) |

無料の公衆トイレは厳禁


イタリア海外旅行中、
無料の公衆トイレは、けっして使わないで下さい。

観光スポット周辺には、有人の監視人のいるトイレや、ユーロ貨幣を投入すると入場できるトイレなどあります。

ローマ駅構内や、サンフランチェスコ教会周辺、ポンペイ遺跡周辺・・・、とざまざまな観光スポットの周辺に有料トイレは点在しています。

旅行中は有料トイレを使いましょう。
実際利用してみると、1ユーロ前後の値段です。都市部だとやや割高になる傾向です。




続きを読む >>
| ┗トラブル回避術 | comments(0) |
芸術遺産 1/25

フィレンツェ 街の印象

今日はすごく吹雪いていました。

サンタ・クローチェ教会

外を歩き回るだけでも手がかじかみます。

フィレンツェ 雪

みんなコートのフードやスカーフを被ったりして早足に街を駆けていきます。
冬のヨーロッパは寒いです。雪降るイタリアの街は特に、寒かったです。
僕はミラノ行きの列車に乗り込む前にサンタクローチェ教会に寄り道しました。



大雪のためか、列車の時刻表は乱れていて、予定のミラノ行きの列車に乗り損ないました。急遽ES(特急列車)を使い、環境とファッションの街ミラノへ。



着いてからまず、レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作、「最後の晩餐」の観賞のため、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。ところが入場は予約制で入場ができませんでした。すでにキャンセル待ちしても入場できる時間ではなく、もっと下調べしておけば・・・!、と悔やみました。

ポルディ・ペッツォーリ美術館 ミラノ

予定には入れていませんでしたが、ポルディ・ペッツォーリ美術館へ行きました。伯爵の美術コレクションが充実していました。ここでボッティツェリの作品と再開できるなんて思ってもいませんでした!ブレラ美術館のリベラの絵画作品もよかったです。マンテーニャの「死せるキリスト」は新鮮なアングルで描かれていました。




路面電車 エコ ミラノ

ミラノには広島長崎のように市内を走る路面電車があります。町の景観にも溶け込んでいて、しかも環境にも優しい動力源ですから、やっぱりミラノは先進的な街だと思います。



明日は月曜日なので、最後の晩餐の見学は無理です。休館です。明後日早朝、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ突撃するしかないようです・・・。明日是が非でも電話で見学の予約を取る必要があります。

せっかくイタリアへ来て、ダ・ヴィンチの最後の晩餐が観賞できないなんて、到底受け入れられないことです。明日、何とかしなくては。




| ミラノ忘美録 | comments(0) |

さあ、出発だ!
何を着ていく?何を持っていこう?

暑いのか、寒いのか・・・、天気は着いてみないとわかりません。

日本とイタリアは同じ緯度に位置しているので、気温に大きな差はありません。
教会や寺院、遺跡などのツーリスティックではないスポットを探訪する場合、注意するべき点があります。

よく聞いて下さい。

教会へ入るときには帽子を脱ぎましょう。
で、ないと牧師さんや信者の方に注意されます。また、女性の方は教会へ入る場合、ノースリーブやミニスカートなど肌の露出する格好は避けましょう。

他にも注意するべきポイントをいくつか。




  • 外国で命の次に大切なパスポートは絶対なくさないようにして持っておく。
  • トイレやポーターへのチップのための小銭を常備しておく。
  • 大きなリュックサックは美術館や教会に持ちこみを断られる場合があります。
  • 貴重品は分散して持っていこう。


あとイタリアではユーロが必要です。
イタリアの空港やホテルなど円からユーロに両替できます。
イタリアへの入国が夜遅くだと空港の両替所は閉まってます。
なので、1万円くらいは国内で両替しておきましょう。成田空港でユーロに両替しておくといいですよ。
クレジットカードも持っているなら、あまり現金を持ちすぎる必要はありません。

| イタリア旅行の準備 | comments(0) |
| 1/6PAGES | >>